【大分市】昭和通り再生化「リボーン197」における大分城址公園前の工事が開始☆渋滞や通行にお気を付け下さい!

昭和通り(国道197号)における幹線道路の再生とバリアフリー化を目的とした工事が行われています。
その一環として、大分城址公園前の「歩道拡幅」と「クロマツ移植・せん定」工事が、1月25日から始まっています。

この工事では、大分城址公園前の車道を、4車線から3車線へ縮小。同時に歩道が1車線分広がります。

自転車歩行者道の拡幅に伴う車線減少のお知らせ

また、歩道上のクロマツは枝をせん定し、歩行者の通行の妨げになっている1本は移植されます。

クロマツの移植とせん定工事のお知らせ

今年は国民文化祭・おおいた2018」「全国障害者芸術・文化祭おおいた大会が、来年にはラグビーワールドカップ2019が開催されます。
全国、世界中の人が大分を訪れる前に、街並みが整備されるのは良いことですよね♪
ただし、ご覧の通り、工事の影響で車両、歩行者共に、やや通行がしづらくなっている箇所があります。

リボーン197

ご通行される場合は、渋滞等にもお気を付け下さい。
また、その他の工事スケジュール等については、大分県のホームページをご参照ください。

大分城址公園

(にす)

★号外NET – 大分市 – では、あなたからの情報提供をお待ちしております!
情報提供はコチラ

【注目!】大分市のクーポンてんこもり
ゴーガイチケット2月号はこちらから

2018/01/30
ページの上へ