【大分市】キリシタン大名として有名な大友宗麟…その大友一族の豊後における原点「大友 頼泰の墓」に行ってきました!

2018/02/18 09時00分

大分駅前に雄々しくたたずむ大友宗麟像。
大分市民ならば、ほとんどの方が目にしたことがあると思います。

大友宗麟像
(画像は大分市の魅力特集サイトOITA PRIDE!より)

大友氏は初代当主・能直の時に豊後の守護職に任じられたと言われていますが、実際に大分県を訪れたという記録は残っていません。
大友氏の当主が、実際に大分県に下向したのは三代目・頼泰の時と言われています。
その、大友 頼泰の墓が大分市内にあるということで、さっそく行ってみました!

場所は大分市岡川。
坂道をずっと登って行くと…見えてきました♪

大友頼泰の墓

大友 頼泰の墓は、大分市の指定史跡になっています。
入口には説明書きが。

大友頼泰の墓

有名な元寇で活躍をしたんですね♪
頼泰以降、大友氏が豊後に土着し、勢力を築いていったとのこと。
21代目当主・大友 宗麟も元をたどれば、頼泰に行きつくんですね♪

大友頼泰の墓

墓自体は派手なものではありませんが…

大友頼泰の墓

新しい花が供えられていて、なんだかほっこりしますね♪
時の流れに隔てられることなく、今もなお大分市民に愛されているのがわかります。

大分市は「大友宗麟と南蛮文化」を市の魅力としてOITA PRIDEなどでPRしていますが、その原点である頼泰を巡る旅も面白いかもしれませんね♪

大友頼泰の墓

(にす)

★号外NET – 大分市 – では、あなたからの情報提供をお待ちしております!
情報提供はコチラ

【注目!】大分市のクーポンてんこもり
ゴーガイチケット2月号はこちらから

ジモネタ大分市

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ