【大分市】新緑に映える野津原の棚田…秋の棚田はどうなってるの!?

2017/11/03 15時00分

最近、「棚田」が密かなブームになっているのをご存知でしょうか。
棚田とは、山の斜面などの傾斜地に、階段状に作られた水田のことで、大分市の近くだと、別府市や挾間町が有名です。

その棚田。実は大分市にもあるんです!
大分市のHPでも、「OITA CITY -the bird view-」と題して、大々的に宣伝を行っています。

リンク先の動画を見ていただくと、新緑の中に水を張った水田が映し出され、どこか懐かしい日本的な風景を見ることができます。
このように、いつも新緑の季節ばかりクローズアップされる野津原の棚田ですが、稲刈りの終わったイマの姿はどうなっているのか?
取材しに行ってきました♪

場所は、国道442号を大分市から豊後大野市方面へ進んでいくと、「石合公民館」が左手に見えてきます。
石合公民館

この石合公民館には駐車スペースがあり、棚田見物にはオススメです☆

石合公民館
(これは豊後大野市方面から見た写真です)

石合公民館のすぐ脇に、棚田が広がっています。
棚田

緑の多い季節と比べると、かなり印象が変わります。

棚田

11月半ば頃には、山も赤みを増してくるのでしょうか?
牧歌的な風景で、この時期の棚田もまた良いですね♪

この日も一人、写真を撮っている方がいらっしゃいましたが、この時期の棚田の写真はインターネット等でもあまり見られないので、ぜひ足を運んでみてください。
癒し効果がバツグンです!

大分市今市967

(にす)

★号外NET – 大分市 – では、あなたからの情報提供をお待ちしております!
情報提供はコチラ


【注目!】大分市のクーポンてんこもり
ゴーガイチケット11月号はこちらから

ゴーガイチケット大分市
ページの上へ